FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りのゲーム紹介・その2

PSUイベント「ガーディアンズクロニクル2nd」が始まって、そちらに傾注しているために間が空いてしまいましたが
私の好きなアナログゲームの紹介第二段弾です
今回ご紹介するのはこちら

スーパーヒーローVS悪の帝国
NEC_0088_convert_20110222170229.jpg

その直球の名前どおり、日曜朝のスーパーヒーロータイムよろしく正義の味方と悪の組織との戦いを題材にしたカードゲームです
ただし、プレイヤーが担当するのは悪の組織の首領なのですが

ゲームの流れは以下の通り
配られた手札から世界征服への一歩カードを場に出していき、その征服カードに書かれた点数の合計が一番大きい人が勝利します
対戦相手も世界征服を進めるので、それを妨害するために手札にあるヒーローカードを対戦相手の前に並べて世界征服の邪魔をします
(※悪の組織が何故ヒーローを操作するのかと疑問に思う人もいるでしょうが、これは敵対組織の情報をリークしてヒーローの注意を向けさせているという設定なのです)
ヒーローカードが並べられていると、自分の手番になるたびに征服カードが1枚ずつ除去されてしまうので、ヒーローを排除するために戦闘員カードを並べて防衛します
こうして誰かの世界征服への一歩が合計100点以上になるか、山札が無くなったらゲームは終了します

征服カードにはそれぞれ5~20点の点数が付けられていますが、元ネタの特撮ヒーロー番組やアニメ番組に倣って?お馬鹿な計画ほど高得点になっています(笑)
NEC_0089_1.jpg
上の写真の他にも「殺人アライグマ大量発生計画」とか「悪の歌流行計画」とか、かつての仮面ライダーやスーパー戦隊が好きだった人なら「あー、あるある」と思う内容がてんこ盛りです

ヒーローカードには「正義感の強いパイロット」や「警察官」というマトモなものから「電撃娘」や「スケバン」まで元ネタを知っていると非常に楽しめるものばかり
対する戦闘員カードも「悪の美形幹部」や「クローン戦闘員」に「ニューハーフの神官」など、こちらもニヤリとするラインナップです

そして、彼らをパワーアップする強化カードは更に豊富。ヒーローもの定番の「キック」や「光線剣」といった必殺技、「家族の死」や「高いところから登場する」といったシチュエーション、果ては「悪魔との合体」や「可変戦闘自転車」といった特殊なものまで
これらを組み合わせるのが楽しいのです
数値上の有利不利だけを考えれば味気ないものですが、勝てないと判っていても「『正義の大学生』に『家族の死』『キック』『戦闘バイク』つけて仮面ライダーV3だ!」とか、しっくりくる強化カードが手札に来るまでヒーローカードを温存したりとか
かつてヒーロー番組に熱中した人ほど、お約束を守ろうとゲームの進行そっちのけになること間違い無しです

更に、このゲームではヒーローに対してのみ、自分以外のプレイヤーでも後から強化カードを追加することが出来ます
これによって「『正義のパイロット』に『戦闘機』は付けたから誰か『精神寄生体』追加してウルトラマンにしてくれ」という一風変わった協力プレイが随所で見られることになります

この他にも、小細工カードでヒーローを排除したり他のプレイヤーに押し付けたりと悪の組織らしいイベントも満載です
日本人は勧善懲悪が好きな国民性からか、どうしてもヒーロー側に感情移入しがちですが、たまにはこういう悪の側にたって遊んでみるのも面白いと思いますよ

また、このゲームのイラストは全て藤原カムイさんが描いています
現在では国内だけでなく海外でも高い人気の漫画家さんですが、このゲームが出た頃はまだ知る人ぞ知るといった存在でした
この当時はカードゲームがいくつも発売され、有名無名を問わず様々な作家が起用されました
その中には藤原さんのように後に大成した作家さんも少なくありません
こういうところも古いゲームの魅力の一つですね

theme : ボードゲーム
genre : ゲーム

comment

Secret

プロフィール

評議長@紅蓮姫

Author:評議長@紅蓮姫
PSO2プレイヤー
シップ5で活動しています
プレイヤーID:評議長@紅蓮姫
キャラクター名:カーマイン・レインブラッド
所属チーム名:オラクルウインド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
PSO2最新情報
オススメ(18禁)
こいなか 『セミラミスの天秤』6月27日(金)発売 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。