スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イシュタルは暁の空を行く

金星探査衛星あかつきの軌道投入は残念ながら失敗してしまいました
続報を読む限り6年後の再挑戦も厳しそうな感じですね
美の女神ヴィーナスの名を頂く金星の厚いベールを透かして素顔を見るのは難しそうです

ところで何故金星がヴィーナスと呼ばれるのか、その理由はご存知でしょうか
一説によれば、それは人類最古の文明の一つ、メソポタミアのシュメール人たちの神話に遡ります
シュメールの神話において強い女神の一柱にイシュタルがいます
イシュタルは美しく恐ろしい女神で、支配する領域は性愛と豊穣、そして戦い
その象徴は金星でした

このイシュタルはバビロニアやヒッタイトなどのオリエントの文明圏で広く支持され、更には地中海を経由してギリシャ神話のアフロディーテやローマ神話のヴィーナス或いはキュベレイ、果てはキリスト教の大悪魔アシュタロトにまで取り込まれていきます

つまり、イシュタルの象徴が金星であったために、その後イシュタルを取り込んだヴィーナスの象徴も金星となり、そこから転じて金星をヴィーナスと呼ぶようになったのです

このイシュタルという女神への信仰は、色々と興味深い風習があるのですが、それはまた別のお話
前置きが長くなりましたが、今回紹介する作品はこのイシュタルが重要な位置を占めています

天は赤い河のほとり
篠原千絵/小学館

あらすじ
高校入学を目前にした現代日本の少女・鈴木夕梨は、ある日謎の手に襲われ古代ヒッタイト帝国へと連れ去られてしまう
当時最盛期を迎えていたヒッタイトでは皇位継承問題が持ち上がっており、夕梨は皇后ナキアの野望達成のための生贄として魔術で連れてこられたのだった
ナキアと敵対する第三皇子カイルに救われた夕梨は、現代日本へ還るまでの身の安全のため彼の妃を演じることにする

初めのうちは元居た世界への帰還のみを考えていた夕梨だが、カイルに惹かれ彼の目指す平和で公正な治世の実現のため協力するうち、自身の秘めた資質や様々な偶然に助けられ、女神イシュタルの化身として民衆の支持を集めるようになる
そしてカイルへの愛を守るため、権力者に虐げられる民衆を救うため、カイルの正妃となる道を歩み始める


作品は1995年から2002年にかけて少女漫画誌「少女コミック」に連載されたもので、コミックス28巻におよぶ大作となっています
現在入手しやすいのは文庫版でこちらは16巻です

ヒッタイト帝国というと日本では馴染みが薄い国ですが、現在のトルコのあたりで大帝国を築き上げ、ツタンカーメンやラムセスといった著名な王が支配したエジプトとオリエントの覇権を競った強国でした
当時最先端技術であった製鉄法を武器に強大な軍隊を築き上げ、また高度な灌漑技術によって豊かな経済力を持っていました
ヒッタイト法典を定めた法治国家であり、皇帝・皇后・元老院(貴族議会)の三者による合議で国事が決定されるなど、行政面でも優れていました

そんなヒッタイト帝国の最盛期を舞台に、歴史上の事実を盛り込みつつ、少女マンガらしいドラマチックな展開で魅了するのがこの作品「天は赤い河のほとり」です

なんといっても魅力的なのは主人公でありヒロインでもある夕梨ことユーリ・イシュタル
時には戦場で剣をふるって女性や子供など弱者を戦災から守り、知略をもって最低限の犠牲で戦争を終わらせ
時には虐げられる民衆を救うため、その身一つで権力者に立ち向かう
優れた外交感覚で各国の支配者とも互角に渡り合い、平和への想いを守るため自らの身を犠牲にすることも厭わない
その反面、自らの身分や権力には拘泥せず、美しく着飾るより民衆のために泥だらけになることを選び、望むものはただカイルの愛のみ
恋する少女と類稀なる為政者としての資質が同居する彼女に、民衆だけでなく様々な権力者もまた惹かれていきます
それは読者にとっても同じこと。例えばコミックス1巻にあるシーン
謀略に巻き込まれ理不尽な死を与えられそうになった従者の少年を助けるため、皇子の側室としての権力を行使しようとするユーリ
「権力を私事で使ってはいけない」と諭すカイルに対しユーリは叫びます
「身分ってのは上の者が下の者を守るためにあるんじゃないの!?
権力があるなら、こんな時使わないでいつ使うのよ!!」

このシーンを見たときから、私はこの作品とユーリというヒロインに心酔しています

ユーリを取り巻く面々も魅力的な人ばかり
平和国家の建設を理想としながら、現実を見据えて覇権を手にするための戦いを厭わないカイル
よき皇帝としての資質を持ち、優れた戦士にして力ある神官でもあるスーパーヒーロー
なのにユーリに対しては恋をしたばかりの少年のごとき振る舞いをすることもある
このカイルは実在のヒッタイト皇帝ムルシリ二世がモデルです

そのカイルの最大のライバルとなるのがエジプトの軍人貴族ラムセス
あの有名なラムセス二世の祖父にあたる、こちらも実在の人物です
二人は軍人としても、為政者としても、ただの男としても、そしてユーリを愛する者としてもライバルとなります

他にも、誤解からユーリの命を狙った後改心してユーリに忠実に仕えたハディ・リュイ・シャラ、カイルの腹心であり冷静沈着な参謀であるイル・バーニ、、カイルの弟で理想を共有しながらも非業の死を遂げたザナンザ皇子、ユーリを崇拝し彼女のために命を投げ出したウルスラやルサファ、などなど実在・架空を問わず様々な人物が登場します

そしてユーリたちに敵対するナキア皇后
魅力的な敵役が居てこそ主人公の魅力が高まるという典型のような人です
自分の権力欲を隠しもせず、個人の野望のために国を傾けることも厭わず
自分以外の人間は全て道具のように扱い、不要になれば躊躇無く切り捨てる
正に悪女の名が相応しい女性として描かれています
しかも、ただの憎い敵としてではなく、哀しい女性としても描かれていて深みのある敵なのです
彼女自身の思惑はどうあれ、彼女の存在がユーリを正しい皇后として育て上げたのは事実
この作品のもう一方の主役といえるでしょう

作者はヒッタイトなどが存在したアナトリアに対して思い入れがあり、その思い入れをたっぷりと詰め込んだのがこの作品です
第46回小学館漫画賞少女部門を受賞しており、また今でも高く評価するファンは少なくありません
私にとっても男女を問わずオススメできる作品です
大河ドラマのような壮大でドラマチックな物語に是非触れてみてください

天(そら)は赤い河のほとり (1) (少コミフラワーコミックス)天(そら)は赤い河のほとり (1) (少コミフラワーコミックス)
(1995/05)
篠原 千絵

商品詳細を見る

天は赤い河のほとり 全16巻 完結コミックセット(小学館文庫)天は赤い河のほとり 全16巻 完結コミックセット(小学館文庫)
(2010/01)
不明

商品詳細を見る

theme : 少女漫画
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

評議長@紅蓮姫

Author:評議長@紅蓮姫
PSO2プレイヤー
シップ5で活動しています
プレイヤーID:評議長@紅蓮姫
キャラクター名:カーマイン・レインブラッド
所属チーム名:オラクルウインド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
PSO2最新情報
オススメ(18禁)
こいなか 『セミラミスの天秤』6月27日(金)発売 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。