スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル図書館戦争の時代

先日に引き続いて真面目なお話

2013年5月29日に自民公明民主維新の各党が協同で「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」通称「児童ポルノ禁止法」の改正案を提出しました

この改正案は表現の自由という国民の権利に対する重大な侵害が含まれているにもかかわらず、大手メディアは殆ど取り上げることも無く、内容について詳しく知っている人はまだまだ少ないものです
そのような法改正が少数の国会議員による議員立法で提出され、数時間の審議だけで成立してしまう可能性があります(実質審議時間は3時間程度の予定)

児童ポルノ禁止といわれれば大多数の人は「いいことだ禁止すべきだ」と思うでしょう
私自身も児童虐待の一種である児童ポルノの製造や所持を禁止し、被害児童の救済をすべきという法律の趣旨には大いに賛同します
反対意見を表明している出版業界やアニメ業界、漫画家などの表現者も同様に、実在の児童が被害者である児童ポルノそのものに大しては弁護の余地無く禁止すべきとしています

「児童ポルノ禁止法」改正法案への反対声明
 一般社団法人 日本雑誌協会 人権・言論特別委員会/一般社団法人 日本書籍出版協会 出版の自由と責任に関する委員会
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/seimei130529.pdf

児童ポルノ禁止法改正案に対する反対声明
 一般社団法人 日本アニメーター・演出協会 理事会
http://www.janica.jp/press/press20130530.pdf

「児童ポルノ禁止法」改定案への反対声明
 全国同人誌即売会連絡会
http://sokubaikairenrakukai.com/news1305.html

では何故反対意見を表明するのか
それはこの法改正が実在児童の保護や救済には目を向けず、創作物規制や表現規制に積極的に取り組む姿勢を示しているからです

大きな問題点は3つ
単純所持の禁止児童ポルノの定義の曖昧さそれと創作物規制です

単純所持の禁止というのは簡単に言えば所持しているだけで罪に問われるということです
現在の日本では拳銃や刀剣、麻薬などが単純所持禁止の対象になっています(ただし拳銃と刀剣は登録申請により所持が可能、麻薬は医療機関などは所持が認められています)
持っていた場合は破棄しなければなりません。本や写真であれば焼き捨て、DVDやビデオテープは破砕して廃棄、HDD内のデータも復元できないように消す必要があり、大抵は初期化が必要になるでしょう

本人の意思に関係なく罪に問われるのも問題です
例えば迷惑メールを間違って読んでしまい、不適切なサイトへ誘導されたとします
大抵のPCはユーザーには見えない領域にサムネイルという画像を保存しています
このサムネイル画像は本人の意思に関係なくネットを徘徊すれば蓄積されていきます
訪問したサイトの画面のずっと下のほうに不適切な画像が貼り付けてあって気付かなかったとしても、PCにはその画像のサムネイルが保存される場合があります
そういう意図しないサムネイル画像であっても罪に問われるのです
実際、この改正案と同様の法律が既に施行されている米国では、サムネイル画像を理由にして逮捕された事例もあります

また同じく単純所持禁止が成立している英国では、上司に対する嫌がらせで部下が児童ポルノ画像を仕込んで通報した結果、上司が逮捕されたという事例もあります(後に部下の犯罪が判明し無実になりましたが上司は一年以上社会的に抹殺されていました)

警察による恣意的な捜査に濫用できる危険性も指摘されています
警察が多くの冤罪を生んできたのは周知の事実ですが、更なる冤罪の発生を助長しかねません

更に単純所持の禁止は「現在も所持していることが違法」となるので、この法改正が成立する以前には合法であったものでも違法となります
本来、法律は成立以前の罪は問えないことになっていますが、その原則に反しています

児童ポルノの定義の曖昧さについては、特に児童ポルノを定義した3項目の3番目、いわゆる3号ポルノが問題になっています
「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」
これが3号ポルノといわれるものですが、まず前提としてこの法律が規定する児童は18歳未満の人物だということです
つまり児童ポルノといわれて一般的に思い浮かぶより遥かに広い範囲が含まれています
例えば17歳のアイドルが水着姿で、胸元を強調するようなポーズの写真、こういうのは週刊誌のグラビアページでも普通に存在します
そして一般的に男性は、こういう写真を見れば興奮とまでは行かなくても「性欲を刺激する」程度はありえます
或いは、この写真に対して何も思わなかったとしても、この写真が載った漫画雑誌を所持していて警察に捜査されれば、警察の心証によっては有罪になります

同様な法律が成立している米国では、自分の娘の海水浴写真を所持していた父親が逮捕され有罪判決を受けた事例があります

また、この児童には性別の違いは含まれていませんので、男児の写真等であっても処罰の対象になります
ジャニーズなどの少年アイドルの薄着姿にドキドキしただけで犯罪者となる可能性は0ではないのです(ジャニーズの写真であっても乳首が見えれば児童ポルノだと国会で発言した自民党議員が存在します)

なお、先行している欧米では児童ポルノの定義としては13歳未満とするところが多く、高くても16歳未満です
日本の民法では女性は16歳で結婚が可能であり、18歳未満を一律に児童とみなして規制するのは風呂敷の広げすぎでしょう
また、一般には知られていませんが日本での性行為の許可年齢は13歳です(ただし条例等では18歳未満との性行為は処罰の対象となる)

性的同意年齢 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E7%9A%84%E5%90%8C%E6%84%8F%E5%B9%B4%E9%BD%A2

更に今回の改正案では「18歳未満に見える人物」が登場していれば児童ポルノとするという規定も盛り込まれています
例えば成人女性が学生服を着ているアダルト作品も規制対象となります。現在の法律で合法とされているにもかかわらず
しかも18歳未満であるかどうかは警察などの行政機関が判断するとされています
出演者が自分は成人ですと主張しても、警察が18歳未満に見えると言えば犯罪になるのです

創作物規制については、おそらく一番軽視されている部分でしょう
今回の改正案では「政府は、児童ポルノに類する漫画等(漫画、アニメ、CG、擬似児童ポルノ等を言う。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進する」としています
まず、児童ポルノというのは実在の児童に対する虐待や搾取の結果として生み出されるものであり、漫画やアニメ、ゲームなどの創作物には被害を受ける実在の児童は存在しません
にもかかわらず、児童ポルノ禁止法が1991年に成立して以来、常に性的な題材を扱った漫画やアニメ、ゲームを規制しようという動きは絶えませんでした
今回の改正案も2008年に提出された改正案の焼き直しであり、当時廃案になったものです
国会は一度廃案になった法案の再提出を制限していますが、表現規制に繋がるこの改正案は手を変え品を変え出され続けています

改めて述べるまでも無く、表現の自由は日本国憲法が保障する国民の権利です
この表現の自由とは「好きなものを他人への配慮無く表現して良い」というものではなく「表現に対して国家など権力からの圧力を受けない」という意味です

改正案の文言だけを見れば「調査をするだけであり規制につながるわけではない」とも受け止められるでしょう
しかしながら、表現規制をする気が無いなら、そもそも調査をする必要も無いのです
海外の事例ではありますが、デンマーク政府が創作物と実際の児童ポルノとの関連性を調査させた結果、関連性を示す称呼はなかったと結論付け、その結果を元にデンマーク国会で性的な漫画などは合法と結論されています

マンガ・アニメは性犯罪と因果関係が無いという研究結果 - 漂流地点報告
http://d.hatena.ne.jp/ayanami/touch/20121223

他にもスウェーデンの最高裁判所において、漫画などは児童ポルノとは認定できないという判決も出ています(判決文の22~25項)

うぐいすリボン: スウェーデン最高裁 漫画絵所持無罪事件
http://www.jfsribbon.org/2012/06/blog-post_28.html

また日本や米国の犯罪統計と表現規制との関係について、興味深いデータを提示している人がいます

山本弘のSF秘密基地BLOG:「非実在青少年」規制:目に見える形で反論を提示する
http://hirorin.otaden.jp/e92767.html

この記事によれば、日本では暴力的、性的な漫画が氾濫し始めた1960年代以降、重大犯罪や性犯罪はむしろ減少しているという結果が読み取れます
また米国では表現規制が始まってからの方が犯罪は増加しているという結果が読み取れます

更に表現規制が仮に実施されたとすれば、その表現の規制や摘発に多大な人員と予算が必要になります
各世帯に警察官を派遣し違法な創作物が無いかチェックするというのは現実的ではありませんが、たとえ見せしめであったとしても少なからぬ人員が捜査に投入されます
そして、その分だけ実在の被害児童を救済するための人員や予算は削られていくのです

前出のスウェーデンでの裁判でも、現場の捜査員からは実在の被害児童を守ることに専念させて欲しいという意見が出されています

うぐいすリボン: 本物の児童ポルノを取り締まりたい
http://www.jfsribbon.org/2012/12/blog-post.html


ここまで、つらつらと児童ポルノ禁止法の改正についての問題点を書き連ねてきました
おそらく、大多数の人にとってはこれは「どうでもいいこと」だと思います
しかし、かつてのナチスドイツも、大日本帝国も、そういう無関心を苗床にして国民を押し潰していったのです

自分が嫌いな表現を守らないということは、いつか自分の好きな表現が規制された時、誰も守ってくれないということです

『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』マルティン・ニーメラー

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
(ナチの連中が共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、)
私は共産主義者ではなかったから。

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった、
私は社会民主主義ではなかったから。

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私は労働組合員ではなかったから。

////////////////////////////////////////////////////
彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった、
私はユダヤ人などではなかったから。
////////////////////////////////////////////////////

そして、彼らが私を攻撃したとき、
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。

comment

Secret

「ダメなものはダメ!!」

久しぶりの投稿になります。
これについては、雑誌協会、書籍出版協会など早速反対の声を挙げていますね。
この事象については、オレも姫さんとほぼ同意見です。
そもそもの法律にツッコミどころが多すぎる上に、さらにツッコミどころを増やそうとするなど、正気の沙汰ではないと思います。
どうしてそうなるか、というとタイトルのような失笑するしかない理由が規制派のモチベーションだからなんですね。
何かを批判したくなったときに「あのエロ○○」ってすごく便利なレッテルだと思ってます。
そうではない、という客観的な証拠を示しても、
「お前に都合のいい証拠をねつ造するな!」
と返ってくるだけで始末に負えません。
一種のカルト宗教だと思って、出来るだけ冷静に対処するしかないのでしょうね。

PSO2内でもよくリズがツッコミを入れてますが、もちろん「ツッコむ隙のない世の中」を目指しているわけではありません。断じて。
幸い今はネット全盛、そういう意見を簡単に政党に届けられる時代です。
声を挙げれば無視は出来ないでしょう。

この問題には毎度毎度漫画界の御大の方々頼みに結果としてなってしまい、非常に心苦しいのですが、粘り強くやっていくしかないのでしょうね。
プロフィール

評議長@紅蓮姫

Author:評議長@紅蓮姫
PSO2プレイヤー
シップ5で活動しています
プレイヤーID:評議長@紅蓮姫
キャラクター名:カーマイン・レインブラッド
所属チーム名:オラクルウインド

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
PSO2最新情報
オススメ(18禁)
こいなか 『セミラミスの天秤』6月27日(金)発売 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。